外国人技能実習生の活用とその後 - 外国人技能実習生制度は今大変注目されている

外国人技能実習生の活用とその後

少子化が進む日本では特に工場などの現業職において労働者が不足し始めています。

労働者だけではありません。
経営者も後継者がいないとの理由から廃業を余儀なくされる状況が起き始めています。ただ労働者に関しては外国人技能実習生の活用でやりくりをしている企業も少なからず存在する状況です。この制度の利用はそもそも外国人の人たちに日本の現場における技術を習得してもらって、その後本国にてその技術を活用した仕事をしてもらうことを趣旨として出来た制度でした。

外国人技能実習生のことならお任せください。

受け入れる日本側でも現場での労務職はなり手が少なくなっており、その労働者不足を補うことが出来るという側面を持っています。そのため受け入れる日本側もまた来日する外国人技能実習生にもそれぞれにメリットがある制度です。ただこの制度にも問題はあって長くずっといてもらえるわけではありません。最長で5年という期間の制約があってそれ以上はその同じ人物が働き続けることは出来ない仕組みです。

必要であれば改めて別の人材を受け入れる必要があります。日本語の習得や生活習慣さらに現場での就労や決まり事を一から教え直さなければならないという手間が必要です。


こうしたことから外国人技能実習生制度の変更を求める話しがでています。
すぐに制度が急激に変わる見込みではないですが、いずれは日本側の対応で制度変更がなされていきます。



送り出す側と受け入れる日本側とで双方が納得できる仕組み作りが欠かせないです。