外国人技能実習生制度とその活用

アジアなどで発展途上国に位置付けられる国々では、その保有する技術などについてまだ学ばなければならないことが多いと感じている国が少なくありません。

待望の外国人技能実習生の有益な情報をお届けします。

民間レベルの技術では日本などの先進国における技術を学びたいと思うところが少なからず存在します。
そのため日本で実際に働きながら技術を学ぼうという取り組みを希望しています。



一方受け入れる側の日本ですが、少子化と高齢化による現役世代の減少で就労者数自体が伸び悩むことが問題となりつつあります。

また現場での作業を厭う人も多くいてこうした就労者を求める企業とのギャップが大きい状況です。このため外国人を受け入れることで就労者の確保を狙っています。この双方の問題を解決しているのが外国人技能実習生制度です。



この制度の活用で外国側からは日本で働きながら万アブことが可能です。


受け入れる企業側は単純労務などを中心に現業職の人手不足を解消出来ると考えているところが多くあります。

実際にこの外国人技能実習生制度は拡張されつつあり、またこれからの日本は人口減少で労働者もいずれ大幅に減っていくとみられることから、この制度の拡充を図る動きが加速する見込みです。


今まではこの制度で受け入れる人材を5年までとしていましたが、この延長なども含めた外国人技能実習生制度の改正なども視野に入れた動きが起こりえます。求める側が相応にあるためで、今後関係する法改正なども行われる可能性が高いと言えます。