外国人技能実習生は単なる数あわせに使わないで - 外国人技能実習生制度は今大変注目されている

外国人技能実習生は単なる数あわせに使わないで

外国人技能実習制度とは、我が国で培われた技能・技術または知識を広く開発途上国などへの移転を進めて、その国の経済発展を担う「人づくり」に寄与しようという国際協力の推進をめざす制度です。

外国人技能実習生の最新情報を見つけよう。

法律としての技能実習法では、基本理念で「技能実習は、労働力の需給の調整の手段として行われてはならない」とされています。
技能実習を受けるために来日する外国人技能実習生は、最近の高齢化社会が進むため働き手が減少しているその穴埋めに働かせてはならないという原則は崩してはなりません。

首都圏の建設現場には、多くの外国人技能実習生も働いています。

彼らは、あくまで祖国における建設現場のリーダーとなるべく実習を受けていることを忘れてはいけません。


東京オリンピックの工事は、24時間の現場で期日に遅れないような作業がつづいています。その流れが労働力不足を建設現場などに波及しています。



基礎工事などは重要な体験実習ができる現場です。


外国人技能実習生は、何年か経つと帰国した国の作業現場で中核となる人材です。

少なくとも現場を仕切ることができる能力を教えてあげることが国際協力なんだということを忘れてはなりません。安い労働力だと考えて酷使することは日本の将来のためにもやるべきではありません。



農業の収穫期に労働力として実習をさせているのが現在の実態です。

もっと身になる技術を実習で学べるようにするべきです。


基本理念を忘れないことが大切です。